意外といけル

ここでは、意外といけル に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GvG。
我がVTは、今週も黒葉の傭兵です。
いつものようにサラで参加。
派兵時までは1ギルド詰込にて。


開幕は、前週より保持しているN2防衛から。
程なくしてPPが攻めてきます。
守護1で防衛ラインを張って守りきりPP転戦。


入れ替わるように攻め手にIS。
その前からも偵察なのか、ちょこちょこ姿は見えていたのですが、
PPが居なくなって一気に攻めて来ました。


守護1が押し込まれ、修理した守護2で守ろうとしますが、
上手くいかずに城門消失。
再び修理できるまで、1バリの前で持ちこたえる算段でしたが、
不意に1バリを破壊され、2バリもとんとんと。


3バリ前から、押上げ→両守護修理を何度か狙って、
良い感じに1バリ付近まで押せたりすることもありましたが、
ISの圧力には敵わず、3バリが破壊されると、間もなくエンペブレイク。


先週に続いて、ISと戦いましたが、
まんまとN3のお礼参りをされてしまった感じでした。


そのIS戦にて、
久しぶりに味方にDis誤爆。
しかもクラッシュを唱えているところに、ブレイカーまでする手の込みよう。
某RKさん、すみませんでしたZzz......


















ET。
溜まり場etcの人達8人で、1Fからスタートしました。


構成は、レンジャー、RK×2、修羅×4、AB(私)。
いかにも支援が要らなさそうなPTです。


ro2013_11_04_6301.jpg


しかもブラギもサラもいないため
青ジェムはあまり使わないかなという予想に反し、
ことのほかリザ数が多くて、消費個数がうなぎのぼり。


UFOみたいに飛んでいくPTMに追いつくと死んでいて、
起こして、視点をずらすと、あっちでも死んでいました。
この人たち爆撃機かなって思いながら、リザしていました。


さて、何所で詰むかなと考えながら登っていた、深夜の塔。
修羅達のポテンシャルは意外に高く、
91Fを制覇したところで時間切れとなり、レアが無いままの悲しい帰還となりました。


途中、襲い来る睡魔により、おそらく何度か意識が沈んでいたと思われますが、
唯一のABがそんなていたらくでもPTはわりと平気だったり(?)、
65Fで出会ったバフォさんが
急に小さいサイズになったのが印象的でした。


ro2013_11_04_6300.jpg


Jrカードでなくて良かったです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tally.blog42.fc2.com/tb.php/1862-d3481d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 ゲームブログ ラグナロクオンラインへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。